排水口の臭いの原因
キッチンでの臭いの元となっているのが排水口。排水口の臭いは、排水トラップにある汚れが原因なんだ。

排水トラップは、シンクの排水管についている生ゴミを流さないようにするためのカゴの下にあるコップ形のもの。普通はここに水を溜めて、蓋をすることで、嫌な臭いが上がってこないようになってるんだ。


でもこの排水トラップに汚れが溜まっていると、排水口から悪臭が漂ってくるんだよ。なので、排水トラップに付いた汚れを除去しよう!ぬめりを取る洗浄剤を利用すると掃除が楽ちん♪

排水口に蓋がある場合はまず蓋をしよう。ただし、掃除の後にしよう。雑菌の繁殖を増長することもあるからね。あと、一つ考えられる原因は「排水ホース」が外れていること。

ホースが古くなると破れたり、外れることがあるんだ。そうなるとその隙間から汚水や臭いが漏れちゃうから、シンクから臭ってるような気がするんだ。
排水口の日頃からの管理方法
ポイント1:汚水を排出しないちょっとひと工夫を。
ぼろ布で食器に付いた汚れを拭き取ってから洗おうね。不要になったTシャツなど、綿製品を小さく切って台所に置こう。

油やマヨネーズ、ソース類がついた皿やフライパン、鍋などを拭くのに便利だよ。洗うときは 和布やタワシで食器や鍋を洗おう。

昔ながらの手法で織ったもの糸の太いものを和布と言うんだ。食器や鍋の汚れは、初めにタワシでさっと洗ってから和布を使うと、洗剤を使わなくても落ちるよ♪

洗濯する時は、まず水洗いだよ。洗剤を入れて洗濯機を回す前に、水洗い。水だけでも、汚れは落ちるよ♪
ポイント2:日頃から、食用廃油や汚れのひどい排水等をそのまま流さない。
排水管の中は、勾配がゆるいんだ。結果、排水の流れが遅いから油脂やゼラチン質が中で冷えて固まってしまう。

だから排水中の有機物が腐って付着し、管の詰まりの原因になることが多いんだ。排水管が詰まったり壊れると、汚物があふれたり、悪臭がしてしまう。

台所では、野菜くずやご飯の残り、てんぷら油やサラダ油などを流さないようにしよう。ディスポーザー(食品くず処理装置)も管の詰まりの原因だよ!
ポイント3:排水管や排水ますはマメに点検と清掃をしよう。
排水管や排水ますの漏水、排水不良がないか、チェックをする時期を作ろう。共同住宅なら年に1回、業者さんに排水管の清掃をお願いしよう♪
ポイント4:「排水トラップ」の管理
排水管には、途中に水が溜まる部分があるんだ。これを「排水トラップ」というんだ。そして、その中に溜められている水を封水(ふうすい)というんだ。

もし、封水がないと・・・・下水道管から悪臭や害虫が室内に侵入してくる恐れがあるんだ。この部分にゴミ等が溜まると排水が流れにくくなるから注意だよ!
排水トラップ
シンクの排水口は、様々な汚水が流されるから、ちょっと油断をすると、あっと言う間にカビがはえちゃうんだ。悪臭の原因になるよ。だからお皿洗いの後には「排水トラップ」を洗うと効果出るよ♪

※「封水」とは……水からの虫や臭いの侵入を防いでくれる水なんだ。堰き止めみたいなもの。長期の外出時で封水が蒸発したら大変。悪臭の原因になるから注意しよう♪