PINGG10FairwayWood

2017/11/17

G10シリーズレビュー・続編 + TaylorMade Burner FW TP


続いてFWです。
f:id:golfnut:20070815024003j:image
G10シリーズの特徴、オレンジと黒と銀の派手なデザイン。
全体的にシャープで若干細い感じ。
クラウンのラインが流線形にソールまで届いています。
ソールのデザインもなかなかオシャレ。

f:id:golfnut:20070815024425j:image
横に細長くなったフェースは打ちやすさと扱いやすさを実現。
さらに「スカート・レス」技術により重心をより低い位置に移動。
低い重心はボールを高く、真っ直ぐに飛ばす事に貢献します。


さて、試し打ちです。
まず驚くのが構えやすさ!
まるで打ってくれと言わんばかりにすわりがいいです。
自然と体が理想的なフォームになります。
そして広くなったフェースのおかげで打ちやすい。飛距離もなかなか。


これは是非実際に手に持って実感して頂きたいクラブです!



続いてTaylorMadeBurner FairwayWood TP
f:id:golfnut:20070121220628j:image

通常のBurner FWと比べると一回り小さく、3番で155ccとコンパクトです。
Burnerシリーズ共通の独特なデザイン。TPのマークは上級者の証。
上述のPING G10とは対照的に重心が高めに設定されてあり、
弾道は低めに伸びるようです。
よく飛ぶと評判のBurnerだけに期待が高まります。

構えたときの安心感は素晴らしいの一言。
更に打ってみると柔らかい打感が印象に残ります。
ボールがクラブに吸い付くような感じです。
個人的にこのフィールは好きですね。
コントロールがしやすいので、上級者のプレイヤーにオススメしたい一品。


各ランキングに登録しています。サイト応援をお願いします。
にほんブログ村 ゴルフブログへにほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ用品へにほんブログ村 ゴルフブログ 海外ゴルフへ

FairwayGolf USA