2人目不妊の原因もいろいろ

私は現在7歳と1歳になる子供がいますが、二人目がなかなかできず5年あまり二人目不妊で悩んでました。
2人目の不妊の原因としましては、もともと原因になるものがあったのに、ラッキーにも妊娠して一人目を出産できたというケースが実は少なくないのです。
検査してみたら、子宮内膜症や卵管障害といった女性側の原因だけではなく、男性側の原因が見つかることがよくあるそうです。

また、最初の妊娠や出産が引き金になったり、その後に体調を崩したりして、子宮や卵巣にトラブルが生じているケースもあるみたいです。
そして、最大の障害として見逃せないのが年齢です。

最初の出産のときよりも、確実に歳をとっているのですから、卵子の老化や造精能力の低下はさけられません。
そのうえ、育児に加えてストレス、産後の肥満など、原因になる要素がたくさんあることを認識しておいた方がいいでしょうね。


高齢でも二人目妊娠したい!【二人目不妊克服術】はこちらで解説してあります。


こちら


【二人目不妊の原因と対策】について知りたい方は必見です。

二人目不妊の主な原因

1人目の出産が不妊原因になる場合

1人目の妊娠・出産になんの問題もなければ、不妊原因になることはありません。たとえ、微胃帝王切開で産んだりしても、それが原因にならないのです。
ただし、出産時に胎盤がなかなかはがれなかったり、大量の出血があったり、発熱や痛みなどで産後の回復が思わしくなかったりした場合は、要注意です。原因を調べるうえでも、前の出産の様子を医師に伝えることが大切です。

1.もともと不妊原因があった

最初の妊娠がラッキーだっただけで、夫婦のどちらか、あるいは両方に原因となる要素がある場合も少なくありません。

2.最初の妊娠、出産が原因になった

出産時の出血や感染症などのトラブルが原因で、妊娠しにくい状態になるケースもあります。

3.育児や仕事のストレスが原因になる

不妊とストレスとには、密接な関係があります。日常生活のストレスに加えて、育児ストレスも要注意です。

4.年齢的にも妊娠しにくくなる

とくに女性は、年齢が高くなれば妊娠しにくくなります。1人目が高齢出産だった場合、からだの状態や残された時間を考える必要があります。

5.そのほかにも原因はいろいろ

出産後に体重が戻らず肥満になった、ホルモンバランスがくずれてしまった、体質が変わってからだが冷える、頭痛や腰痛がひどくなったなど、妊娠を妨げる要素はいろいろあります。